赤いネクタイをした男性たちは、夜な夜な理想の男性を夢み、権力や錯覚、金、欲望の世界に生きている彼女たちにとって魅力的な男性像。

Palikarpavaは皮肉をまじえてこう言う。音楽に身を委ね、夜中まで踊る彼女たちは朝目覚めると故郷を懐かしく思い、叶わない夢を必死に追いかけている移民者であることに気づく。